保湿の必要性とその時期

顔の一年の間ずっと太陽や外気、風邪などにさらされています。しかし腕や足など身体には冬の季節は服が着せられ保温効果とともに保湿の必要性をパーツを除いてはそれほど感じません。しかし顔については驚くほど敏感で肌からの水分蒸発も身体の肌では比にならないほど出て行くのです。若い頃には身体から出る油脂や細胞が成長とともに生まれ変わる為に保湿の必要性はさほど無く、反対にベタベタする感覚に保湿をきらう世代でもあります。しかし保湿の必要性はとても重要です。人間は一部を除いて泡だてた石鹸や洗顔料などでスッキリ顔を洗うのが好きです。確かに不必要な油脂や汚れを取るだけでも年齢を重ねると自分の再生力が低下する為に必要以上の洗顔はおススメしません。}PgžxQそれは、いくら高い化粧水を買っても保湿クリームをしなければ同じことなのです。洗顔をし、化粧水をしてそのままの状態では肌の水分はすぐに蒸発してしまい、最悪の場合には肌がザラザラしたり小じわが出来てしまうような水分不足になるのです。しかし、化粧水をたっぷり吸いその後にタップリ保湿クリームを手の平で馴染ませてからパッティングするようにマッサージするように馴染ませましょう。肌には自分が必要としない過剰な油脂分は外に押し出しテカリを出す原因にもなります。その為にも日々化粧水でしっかり栄養を肌に吸わせたあとにクリームで蓋をするように閉じましょう。その時に決して肌に強い刺激を与えずゆっくり潤すのも大事な保湿の必要性なのです。

Filed under: 未分類 — すいぶんとゆぶんばらんす 11:28 AM