保湿の効果

乾燥によって増えてくるものに、シワやくすみ、たるみなどがあります。保湿によって、どのような保湿の効果が得られるのでしょうか。また、どんな保湿の方法があるのでしょうか。一般的に保湿というとまず、化粧水などを使って保湿する。つぎに加湿器等を使って保湿するという方法があります。ある程度の年齢になると、シワやくすみ、たるみが増えてきますが、一度、顔や手や首と、おなかや太ももなどの部分を比べてみてください。顔や手や首にシワが増えていても、おなかや足など、服で隠れている部分には、あまりシワがありません。これはどういうことなのでしょうか。紫外線などの影響ももちろんあるのですが、洋服によって乾燥を防いでいるということも考えられます。いかに乾燥を防ぐか、保湿をするかで、シワやくすみの程度が変わってきます。ソファーとテーブル顔や手、首は、きれいに洗ったあと、かならず化粧水などで保湿します。パックなども効き目がありますが、一度やったからといって効果が出るというようなものではなく、長い期間ケアしつづけてこそ保湿の効果が出て来るものです。ひととき一生懸命ケアしても、あきてやめてしまったのではあまり効果が出てきません。できれば保湿の効果をつねに頭のすみに置いて、保湿ケアを習慣化することが大事です。血行を良くすることで、肌の冷えを防いで乾燥しにくくもできますので、入浴なども効果的です。お風呂から上がったあとは熱によって乾燥しやすいので、かならず早めに保湿ケアをしておきます。

Filed under: 未分類 — すいぶんとゆぶんばらんす 11:29 AM